医療機器会社への看護師の転職について

現在、看護師の転職先には、従来の医療機関を始めとして様々な業態があり、その中の1つとして医療機器会社があります。看護師の就業先としては一般的にはあまり知られてはいないものの、ここでは、クリニカルスペシャリストとして業務に携わることになります。
主な内容としては、まず、営業活動業務があり、会社がが開発した機器や用具を、医療機関をはじめとした顧客に購入してもらうための営業を行います。2つ目としては商品購入後のアフターケアがあり、顧客に対しての製品の使い方の説明したり、要望に応じて他の製品の提供などを行います。また、問題が起きた場合にはクレーム処理にも対応をすることになります。ある程度規模のある会社の場合には、これら2つのどちらかを専門に行い、小規模な会社の場合には双方の業務を行う場合もあります。他にも製品の発表会の会場での業務などがあり、ビジネス面の能力が求められます。
看護師求人の医療会社への転職のメリットとしては、医療機関での看護就業とは異なり、シフトなどのに悩まされないことがあります。業務は定時出社定時退社のシフトが用いられており、休日出勤に関してもイベントなどがある場合に限られます。土日は完全な休日に充てることができ、一般会社員と同様な就業形態となります。2つ目のメリットとしては、給与が高いことがあります。会社によって違いはあるものの概ね医療機関に勤めるよりは年収が高く、50~100万円程度多く支給されています。
医療機器会社への転職に関しては、デメリットも抑えておく必要がありますが、まず、給与の安定性があります。業務は営業が中心となるために、成績が悪ければその分給与も減額されることになり、看護師勤務との大きな違いとなります。2つ目としては、本来の看護業務のスキルアップはまず見込めないことがあり、医療現場に復帰する場合にはブランクの解消に時間がかかることになります。